直感はNG

直感はNG

現実にコンピュータの前に座って休むことなく動いている市場を眺めていると、直ちに売り買いをしなくてはいけない衝動に影響される状況も多いです。

 

しかしながら、あやふやな直感で取引するのだけは避ける必要があります。

 

分かっていると思いますが、マーケットは24時間、いかなる時でもどこかの国の為替相場が変化しているし、レートもいつでも上がったり下がったりします。

 

しかし、だからといって闇雲にトレードを重ねていると、それだけで損失が生じる危険性が高まってしまう。

 

確かに取引の回数を経験することによって、次第に利益を上げられる確率が五分五分になるのは周知の通りです。

 

けれども「なんだか分からない思いつきで売り買い」することとは別の話です。

 

売買回数を増やすという意味はあなたが「ここがチャンス」と直感した確信を得られたところでの取引回数を重ねるという事を意味します。

 

ただ、絶え間なく売買を繰り返すのとは違う。

 

相場の駆け引きにi挑むには、自分がよく考えてメリハリをつけることが肝心です。

 

「ここはいける」と思ったマーケットの時には、思い切って所有ポジションを買い増して儲けを追求する。

 

「頭をかかえる市場でどう変化するのか理解できないな」と思ったならば、執着しないで所有ポジションをひとつ残さず閉じて何もせず静観します。

 

それくらいのメリハリをつける方が最後にエントリーは勝利します。

 

市場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

本当にその通りです。

 

取引とは売買ポジションを持っていることが大切ではなく売買ポジションを持たずに何もしないことも取引です。

 

そうであるならば、どういった時に休むといいのでしょうか。

 

ひとつめは、前述したように、直近の為替相場が明確に分からない時です。

 

どうなるのか見通せない時は、分からないまま行動すると、自身で考えたシナリオとは逆方向に相場が動いてしまい、損する事になってしまいます。

 

だから、こうした時はポジションを閉じそのまま見ているだけが最善の策です。

 

ふたつめは、自分自身のコンディションがすぐれない時です。

 

体の状態と外国為替市場につながりがない考える人もいるでしょうが実際には案外関係がある。

 

体の状態があまりよくなければ相場の大切な状況で冷静な判断を下すことが出来ない場合があります。

 

やる気がわかない時は取引から離れる事も大事なことだ。

 



関連記事

  1. 直感はNG
  2. おばさまたちの元気があふれる場所