クリニックの内装で個別化を図って患者ゲットだぜ

貧乏父さんのおこずかい帳 > ニュース > クリニックの内装で個別化を図って患者ゲットだぜ

クリニックの内装で個別化を図って患者ゲットだぜ

地域柄なのか年齢によるものなのか知りませんが、うちの近所のクリニックは(院長の趣味の)温室があるところが数件あります。温室がなければ車が一台停めれるのにと思うこともしばしば。どこも内装は至って普通のクリニックなのですが、もしや温室で差別化を図ろうとしているのでしょうか。怪我をしたときなんかは、その辺のアロエを持ってくるんじゃないかと思ってしまいます。

 

クリニック 内装

 

そう考えると、趣味や個性がはっきりしている人は店舗の内装は極々シンプルに安く上げて、後は飾りや人柄で勝負してもいいかもしれませんね。そういえば、そのクリニックに子どもを連れて行っても植物に気をとられているのか診察中に泣くことはありません。こういう効果もあるんですね。



関連記事

  1. クリニックの内装で個別化を図って患者ゲットだぜ
  2. 1銭のスプレッドの差