1銭のスプレッドの差

貧乏父さんのおこずかい帳 > ニュース > 1銭のスプレッドの差

1銭のスプレッドの差

「スプレッド」とは外為取引は通貨を売り買いして差益を稼ぐ取引です。

 

売り買いの値は、四六時中変動しています。

 

それが為替です。

 

テレビを見ていると、ドル円やユーロ円の話題が流れる場面があります。

 

よく見かけるのが、「本日のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表示しています。

 

トレードには買いと売りの値があります。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表現しているFX会社もあったりします。

 

通常は売値の方が低い値段になっています。

 

私達が買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

 

この差分をスプレッドといい、会社の稼ぎとなっています。

 

スプレッドの幅はFX会社によって違います。

 

スプレッドは自分にとって手数料になるので小さいFX会社をピックアップしたほうが儲けられます。

 

ただし、状況に応じてスプレッドは変化します。

 

もし普段はドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの差だったとしても、市場の上下が激しい場合には大きくなる事があります。

そのため、スプレッドが小さいのと同じくらい変化が少ない事が必要です。

 

決まったスプレッドの差を表示するFX取引会社もいろいろ存在します。

 

リアルに業者の取引画面内でリアルな相場を見て確認しなければ区別できないのでわずらわしいですが大事な事です。

 

重要な資金を投じてエントリーするのだから本物の取引の前に、興味を持った取引会社の取引口座開設を積極的にして、示されているスプレッドを知っておきましょう。

 

同じ通貨の組合せ外国為替市場の変動率(ボラティリティ)によって外貨のスプレッドの広さは異なることがあります。

 

いつもはインターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い通貨の組合せではスプレッド幅が狭くあとの外貨ではスプレッドの幅が広くなるのが普通です。

 



関連記事

  1. クリニックの内装で個別化を図って患者ゲットだぜ
  2. 1銭のスプレッドの差