現実を見据えよう

貧乏父さんのおこずかい帳 > エリア > 現実を見据えよう

現実を見据えよう

現実にコンピュータの前に座って、いつも動いているレートを目を向けているとどことなく売買をしなければならないという衝動が沸き起こる場面も少なくないだろう。

 

しかし、はっきりしない思いつきでトレードするのだけは、絶対にしてはいけません。

 

事実、為替相場は年中休みなくいずれかの国の為替相場が変動しているしマーケットも常に変動している。

 

しかし、何回も売り買いをするとその回数だけ損失が生じる危険が増します。

 

言うまでもなく、エントリーの数を経験することによって、次第に勝利する確率か五分五分に近づくのは事実です。

 

でもこの事は「明確でない直感でトレード」してしまうこととは話が異なります。

 

売り買いの回数を積むという意味は、自分が「ここはいける」と考え付いた感覚を持った場面での売買回数を積むという事を言っています。

 

特段の理由も無く、ひっきりなしに売買を積み重ねるのとは明確に異なります。

 

市場の勝負に勝つためにはあなたが考えてメリハリをつけることが大事だ。

 

「ここは勝てる」と思った為替相場の時には思い切って持っているポジションを積み増して、意識して儲けを狙います。

 

「少し分からない外国為替市場で、どう推移するのか読めないな」と感じた時は、執着しないで保持ポジションをひとつ残らず見切りをつけて何もしません。

 

それぐらいのメリハリがあったほうか、注文は勝てます。

 

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

 

まったくその通り。

 

為替とは、いつでも売買ポジションを持っていることが重要ではなく、どのポジションも所持せずじっと待っている事も場合によっては、FXです。

 

じゃあ、どういう時に、休めばいいのでしょうか。

 

最初に言われるのが先述した通り、今の相場展開が曖昧で理解できない時です。

 

どちらにいくのか決断できない時は、何も考えず行動すると、自分で思い描いた脚本とは反対の方向に相場が動いてしまい損失を被る事になります。

 

だから、このような場合はポジションを諦め何もせずに黙ってみているだけが最良の選択です。

 

次に、あなた自身の健康状態が思わしくない時です。

 

体の調子と相場に関係がない考える方もいますがかなり関係があります。

 

体調がよくなければ為替相場の肝心な局面で、落ち着いた判断ができません。

 

気乗りがしない時はマーケットから離れる事も大切な事です。

 



関連記事

  1. 父さんは書斎を増築してもらったんだわ。
  2. 現実を見据えよう
  3. 免責不許可事由